貸金庫でセキュリティー対策は万全

貸金庫はどんな金庫?

「貸金庫」と聞いてすぐにどうういった金庫かわかる方は少ないでしょう。
普通、「金庫」なら頑丈な厚みのある金属でできた鍵やダイヤルでロックする金庫を思い浮かべる人が多いと思います。一般に金庫の役目は知っていると思いますが、貸金庫となると一般の人はそれほど身近なものとしてはピンとこないかもしれませんね。映画などで見たことがあるかもしれませんが、実際のところ貸金庫についてはよくわからないといったところなのではないでしょうか。

 

 

 

まず金庫とはどういうものか考えてみてください。金庫というのは大きく分けてふたつの意味があります。まず金庫の意味のひとつめは、「中に貴重品やお金を入れて、盗難や火災から貴重品やお金を守るための頑丈な箱」という意味があります。
そしてもうひとつの意味は信用金庫、労働金庫など「特殊な金融機関の名称」という意味です。まず金庫と聞いてそのどちらかが思い浮かぶことでしょう。

 

 

 

では、貸金庫というのはふたつのうち、どちらに当てはまるのでしょう。
貴重品や金品を入れる箱の金庫を考えてみると、その箱を借りてくることが貸金庫という意味になりそうです。また特殊金融機関という言葉から考えると、金融機関が何かを貸してくれるという意味になりますね。ではどちらが貸金庫として正しいのかというと、答えはどちらも当てはまるし、どちらも当てはまりません。つまり貸金庫はそのふたつを合わせたようなものなのです。

 

 

 

貸金庫は、金庫といっても家庭にある金庫を貸し出すことではなく、金融機関にある頑丈でセキュリティーのしっかりした大きい金庫の一部を借りることを意味します。そういったことから、金庫を借りてくるわけではなく、金庫がある金融機関に貴重品や金品を預けることが貸金庫という意味になります。


QLOOKアクセス解析