転職 求人 サイト

転職活動は履歴書がポイント

転職の活動でもっとも大事な点は履歴書という限られたあなたの情報の中でいかにしてあなたの能力や個性をアピールするか、という点が重要なポイントになります。履歴書を作る際に効果的にあなた自身をアピールできるポイントを押さえましょう。

じつは履歴書にはあなたをアピールできる部分が多くあります。

 

転職の際に作る履歴書はあなたが転職を望む会社やその業種と自分の能力や適正を見比べながら照らし合わせて作っていきます。とくに免許や資格はあなたをアピールする絶好のポイントですから、どんな資格でも免許でもすべてを記入するようにしましょう。

意外と知られていないことですが、資格や免許を取得するために勉強していたり、講座などを受講したりしていればまだ取得できなくてもアピールできるポイントですので遠慮なく記入するようにしましょう。

 

履歴書とは自分をアピールするものと思いましょう。そのためには自己のPRは大切です。面接を受ける会社で、その会社があなたが入ることでどういった貢献ができるか、会社に利益をもたらすかをしっかりと書くようにしましょう。

スキルはあなたができること、ほかの人より秀でていること、パソコンができるならどういった業務ができるかなどを明確にわかりやすく、伝わりやすく書くようにしましょう。

 

また、数ある同業の会社の中からその会社を選んだ理由をしっかり説明することが重要なポイントの一つです。

資格や免許の欄には書けなかった特技はスポーツや趣味などを書きましょう。

 

職場の部署を希望する欄がありますがせっかくですから空白で提出するのではなく、やってみたい仕事等あなたの意思を明確に伝えるためにも希望する職種や希望勤務地も書くようにしましょう。

ここをしっかり書いておかないといざ入社する段階になって希望とは違うことになってしまうことになりますので希望条件はきちんと書きましょう。

 

あなたが人事担当者の立場になって採用したくなるような履歴書が作れれば、履歴書であなたを上手にアピールできたことになります。

あなたをうまく表現できる履歴書をぜひ作ってみましょう。

転職で就職を決めるのは履歴書が重要

履歴書は書類選考からじっさいの面接までの間つねに見られるあなたのすべてといってもいいでしょう。履歴書の内容があなた自身を表しているので、履歴書の出来如何で就職の合否も変わってくるほど重要です。

 

転職や就職では手を抜かずにきちんと履歴書を書くことで就職活動を有利にもっていくことも可能なんです。

では就職活動を有利に進めるための履歴書の書き方を教えます。

 

最初に履歴書の1枚目の日付は提出日の日付を書きます。面接当日の日付を記入するときは、転職の面接時に持って行く場合になります。

 

提出日や生年月日などの年号は西暦か平成などのどちらかの元号で統一するようにしましょう。

そして氏名は会社の人が履歴書の中で一番最初にあなたを見る大切な部分です。ちょっとしたことですが、氏名を書くときは姓と名の間に少し空白を入れると全体としてバランスがよくなり見やすくなります。

意外と間違えやすいことで気をつけたいのが、フリガナの項目欄はカタカナでフリガナと書いてある場合にはカタカナで、ひらがなでふりがなと書いてある場合にはひらがなで書くようにします。

 

履歴書に写真を貼り付けるのは必須ですが、写真のサイズは2.4×3cmか3×4cmが一般的です。きちんと正面から撮影された上半身の写っている写真を使用しますが、撮影してから3ヶ月以内までの写真を使うようにしてください。写真がはがれないようにしっかり糊付けするようにしましょう。

 

住所欄には郵便番号も忘れないように書いて、会社が同じ地域にあったとしても住所は都道府県からしっかりと記入します。

電話番号は自宅と緊急用として携帯電話の番号も書いておくほうが印象がいいでしょう。

 

学歴と職歴は、履歴書を見る際にあなたのひとつのPRポイントとして重要視されるでしょう。

通常、学歴は中学高校までは卒業した年のみの記載ですが、大学卒業は大学に入学した年も書きます。大学名だけでなくきちんと学部や学歴等も詳細に書き、いままでの職歴は全ての会社の入社と退社をもれなく記入しましょう。

面接で未経験からの転職を伝えるには

経験したことのない職種や業種に転職を決意した場合、スタートラインから経験者よりハンデがあるためにその分を取り戻 すために自分の経験や今までの経歴、そして新しい仕事に対する意欲をしっかりとアピールしてください。

 

会社、そして面接官が採用のポイントをどこに重きを置いているかをリサーチしておくことが重要です。

どんなに自分がすばらしいか、できる人間か、経験豊富かを訴えても、会社側が必要とする人材にそぐわなければどれだけ 有能な人材であってもポイントがずれているので採用が難しくなります。

それだけに会社側の立場になって採用する際に見るべき点を考えてみる必要があります。

 

そもそも会社があえて未経験者を教育する手間、リスクを承知で転職を受け入れ採用しようとしているかを会社側からの目 線で見ることが大切です。わざわざ転職で未経験者を採用する理由がわかれば自分を売り込むポイントが明確になってくる でしょう。

面接の際に未経験からの転職の理由についてなぜこの会社に入ろうと思ったかを聞かれることは間違いありません。

 

面接では会社に就職が決まってからの自分をイメージして、活躍していることを想像しながら自信をもって転職の理由、会 社を選んだ理由をしっかりと伝えることが面接官にも印象をよくもってもらえることになります。

 

たとえ未経験での転職であってもだれしもが最初はなんでもできるわけではないので、失敗を恐れずに自分を自信をもって アピールし、自分が会社に入ることで会社にそれだけの利益をもたらすことができるかを伝えましょう。

 

転職はあなたをひとまわり大きく成長させます。

未経験だからこその活躍が期待されているからこそ会社も採用しようとしています。

期待に応えられるようがんばりましょう。