面接で未経験からの転職を伝えるには

面接で未経験からの転職を伝えるには

経験したことのない職種や業種に転職を決意した場合、スタートラインから経験者よりハンデがあるためにその分を取り戻 すために自分の経験や今までの経歴、そして新しい仕事に対する意欲をしっかりとアピールしてください。

 

会社、そして面接官が採用のポイントをどこに重きを置いているかをリサーチしておくことが重要です。

どんなに自分がすばらしいか、できる人間か、経験豊富かを訴えても、会社側が必要とする人材にそぐわなければどれだけ 有能な人材であってもポイントがずれているので採用が難しくなります。

それだけに会社側の立場になって採用する際に見るべき点を考えてみる必要があります。

 

そもそも会社があえて未経験者を教育する手間、リスクを承知で転職を受け入れ採用しようとしているかを会社側からの目 線で見ることが大切です。わざわざ転職で未経験者を採用する理由がわかれば自分を売り込むポイントが明確になってくる でしょう。

面接の際に未経験からの転職の理由についてなぜこの会社に入ろうと思ったかを聞かれることは間違いありません。

 

面接では会社に就職が決まってからの自分をイメージして、活躍していることを想像しながら自信をもって転職の理由、会 社を選んだ理由をしっかりと伝えることが面接官にも印象をよくもってもらえることになります。

 

たとえ未経験での転職であってもだれしもが最初はなんでもできるわけではないので、失敗を恐れずに自分を自信をもって アピールし、自分が会社に入ることで会社にそれだけの利益をもたらすことができるかを伝えましょう。

 

転職はあなたをひとまわり大きく成長させます。

未経験だからこその活躍が期待されているからこそ会社も採用しようとしています。

期待に応えられるようがんばりましょう。