転職で就職を決めるのは履歴書が重要

転職で就職を決めるのは履歴書が重要

履歴書は書類選考からじっさいの面接までの間つねに見られるあなたのすべてといってもいいでしょう。履歴書の内容があなた自身を表しているので、履歴書の出来如何で就職の合否も変わってくるほど重要です。

 

転職や就職では手を抜かずにきちんと履歴書を書くことで就職活動を有利にもっていくことも可能なんです。

では就職活動を有利に進めるための履歴書の書き方を教えます。

 

最初に履歴書の1枚目の日付は提出日の日付を書きます。面接当日の日付を記入するときは、転職の面接時に持って行く場合になります。

 

提出日や生年月日などの年号は西暦か平成などのどちらかの元号で統一するようにしましょう。

そして氏名は会社の人が履歴書の中で一番最初にあなたを見る大切な部分です。ちょっとしたことですが、氏名を書くときは姓と名の間に少し空白を入れると全体としてバランスがよくなり見やすくなります。

意外と間違えやすいことで気をつけたいのが、フリガナの項目欄はカタカナでフリガナと書いてある場合にはカタカナで、ひらがなでふりがなと書いてある場合にはひらがなで書くようにします。

 

履歴書に写真を貼り付けるのは必須ですが、写真のサイズは2.4×3cmか3×4cmが一般的です。きちんと正面から撮影された上半身の写っている写真を使用しますが、撮影してから3ヶ月以内までの写真を使うようにしてください。写真がはがれないようにしっかり糊付けするようにしましょう。

 

住所欄には郵便番号も忘れないように書いて、会社が同じ地域にあったとしても住所は都道府県からしっかりと記入します。

電話番号は自宅と緊急用として携帯電話の番号も書いておくほうが印象がいいでしょう。

 

学歴と職歴は、履歴書を見る際にあなたのひとつのPRポイントとして重要視されるでしょう。

通常、学歴は中学高校までは卒業した年のみの記載ですが、大学卒業は大学に入学した年も書きます。大学名だけでなくきちんと学部や学歴等も詳細に書き、いままでの職歴は全ての会社の入社と退社をもれなく記入しましょう。